副業の考え方も時代とともに大きく変わりつつあります。もちろん、一昔前の日本の企業であれば副業はマイナスと考えられていました。理由は明白です。社員が本業以外の仕事に時間を取られることがまず1つ。さらには自社の秘密や技術が漏洩する可能性があるので絶対に副業はマイナスであると言う考え方です。
もちろん、その考え方は今でも同じで守るべきところではありますが副業を許す方向になっています。そこにも様々な理由があります。上記のような縛りがある中でも副業を進める理由は何でしょうか。具体的に挙げていきたいと思います。
まずは、自社だけでは解決できない作業、課題を企業自身もアウトソーシングして解決しようとするからです。もちろんそのアウトソーシング先には副業で営んでいる方々もいます。秘密保持契約で縛りをかけている以上、他社にも漏れることがなく、課題を解決することができれば非常に有効でしょう。
企業にとっては、自前主義から脱却し、パーツパーツによって外部に委託することによって業務を解決することができれば非常に有効だという考え方になっているわけです。
もう一つ考えられるのは人材育成の考え方です。デザイン職能、広報職能、プログラミングと自社の中でスキルアップするにあたっては競争意識が足りなくなることもあります。そんな中、副業の中で他社のライバルたちと競い合うことによって、自分自身のスキルを高めることができれば企業にとっても人材育成が進むことになります。
もちろん、冒頭に挙げた秘密保持の考え方や本業との切り分けは絶対に守るべきポイントになりますので、企業服務規定などは明確にしておく必要はあります。
このように企業としても副業を認める傾向にある以上、従業員としてもうまく活用する手はあると思います。
自分自身が将来的に少しでも独立を目指している、自分自身のスキルアップを様々な形で図りたい、少しでも収入を増やしたいといった考え方があればぜひ取り組んでみるべきだと思います。
もちろん、周囲にも相談すべきだと思いますし、企業服務規定に反するような副業はしてはなりません。実際にネット副業であれば空いている時間に簡単に取り込むことができますので誰でも対応可能でしょう。初期投資が必要ないこともメリットです。
以上を踏まえ、様々な観点で副業を推進していくことに関しては概ねプラス方向に転換しているのは日本社会の考え方だといえます。