あらゆる企業がどれほど優れた商品やサービスを開発してもなかなか市場に知らしめることが難しい時代になっています。それほど多くの商品やサービスが世の中に溢れ、ユーザもあらゆる手段で情報を入手しているからです。一昔前であればインターネット上にリリースを出し、テレビ宣伝や新聞広告を出稿すれば認知度が高まり売り上げにつながったと言うシンプルな時代がありました。この頃から比べると広告宣伝の仕事はさらに多種多様、複雑化していると言えるでしょう。
そこでうまく活用したいのが動画になります。もちろん、この動画においても当たり前のごとく企業が自社のホームページにYouTubeを埋め込んだり、インフルエンサーを活用して認知を高めようとしています。さらに差別化を図るためにはどのようにすれば良いのでしょうか。例えば、動画だけではなく様々なメディアをミックスして訴求することが大きな効果に結びつくと思います。リアルと動画の融合した訴求がそれにあたるでしょう。具体的にはインターネット上で動画をあげます。もちろんここには様々な仕掛けを設け、リアルな現場で発生するだろうことを予知させるわけです。そしてリアルな現場で商品やサービスとともに実践することによって認知度がさらに高まり、購買に結びつくと言う構造を生み出すことができます。
商品やサービスを企画する際には宣伝広告もセットで事業計画を立てるものですが、現場は単なる広告宣伝だけではなくどのように販売に結びつけるための宣伝広告を行うかが大きなポイントになります。そしてそこに大きな役割を果たすのが動画になるわけです。リアルでもインターネットでも動画をうまく活用しなければユーザにはうまく伝わらない時代になっています。動画うまく活用することによって商品やサービスを印象づける、そして体験させるに結びつけるためのツールとすることが大きなポイントになっています。
このリアルと体験、ここに結びつけるための動画は本当に大きな要素になりつつあります。動画を視聴しながら自分自身も体験したいといかに思わせるか、自分自身も購入したいと思わせるかが1番大きなポイントになります。超高精細の動画を制作する必要はなく、いかにそのコンテンツに合わせた気の利いた動画を企画することができるかが成功への近道だと言えるでしょう。
テレビや新聞に大きな広告宣伝費を投入するよりも効果はかなり高いと考えられます。